リクルートスーツは減点!?女性が面接に挑む時

はじめに

 どのような服装で面接に臨むか。転職の場合は、今まで身に付けたスキル以外に常識を問われます。「きちんとしている」「清潔感がある」だけでは足りないのです。

 

職種で判断

 リクルートスーツは無難ですが、転職の場合にはベストとは限りません。例えば、クリエイティブ系の求人にステレオタイプのスーツで望むのはいかがなものでしょうか。また、反対に公的な機関ではオーソドックスなデザインや色調が最適です。

 

最低、襟付き

 営業でもデスクワークでもない。割合、自由な社風のようだ。そんな風に感じた場合でも、「面接のために時間を割いてもらう」という行為に敬意を表し、最低でも襟付きの服を選びましょう。男性ならばポロシャツにジャケット、女性はジャケットを着るならばインナーは襟なしでも問題ありません。

 

ネクタイを用いた自己主張は程ほどに

 ヤル気を表す為に真っ赤なネクタイを選ぶ。面接官の印象に残るよう、個性的なものを選ぶ。この選択を「独創的で見込みあり」と判断してくれる確率は不明で、一か八かで臨むのは賢明とはいえません。目立つことは悪くはありませんが、服装においては程ほどを心掛けましょう。

 

おわりに

 転職希望者を見極める際には、全ておいてバランス感覚に優れているという点も重視されます。そのチェックに服装は欠かせません。「人間、見た目だけでは判らない」は事実ですが、「見た目も大事」が正解です。